更新情報

敏感肌事情・スピードまとめ

「敏感肌」とは

「敏感肌」とは少しの刺激で敏感に反応してしまう肌です。 様々な外的刺激がありますが、例えば、どんな化粧品をつけても顔に赤みや湿疹が出てしまうといった場合もありますし、身に付ける衣類の素材によって肌がチクチクしたり、痒くなったりする場合もあります。

アクセサリーでも

同じようにアクセサリーの素材、シルバーや18金などでもしばらく身につけていると赤く腫れたり痒くなるといった反応をおこしてしまうこともあります。 他には直接触れなくても紫外線を浴びることで他の人よりも過剰に肌が反応してしまう場合もあります。

花粉・黄砂でも

最近は空気の汚染も気になるところで、黄砂や花粉などでもお肌が反応して痒みの症状が出る方もいます。

なんと女性の7割

周りでも「私敏感肌なの」という声を聞いたことがあるのではないでしょうか? 年々敏感肌だと訴える方は増え、最近では7割以上の方が敏感肌だと感じているというデータもあります。 敏感肌の状態というのはもともとお肌に備わっている自己防御力が落ちている状態のことです。 なぜそうなるかというと原因の1つは化粧品です。 カバー力の強いファンデーションを使うと当然クレンジングも強力でないと落ちません。 しっかり落としてしっかり塗ってと毎日繰り返すことで段々と皮膚は薄くなり、敏感肌になっていきます。 他の敏感肌の原因としては加齢からくるセラミドの不足、精神的なストレスからくる副腎皮質ホルモンの異常、不規則な生活からくる免疫力の低下も考えられます。 急に敏感肌になったわ、と感じたらまずは最近の生活のリズムを振り返ってみましょう。 加齢からくる敏感肌はセラミドを補給して、低刺激の化粧品を使ったエイジングケアをしましょう。

敏感肌って病気?

アトピーとの関係も深い

それから敏感肌と切っても切り離せないのが「アトピー性皮膚炎」です。 なんらかの成分に反応して湿疹や痒みがでる病気です。 現代病とも言えます。 人の肌がデリケートになってしまったのか、人を取り巻く環境が汚染されてしまったのか、あるいはその両方が原因かもしれません。 はっきりと特定できない皮膚炎=アトピー性皮膚炎が引き金になって敏感肌になってしまうこともあります。

サイトマップ   30歳敏感肌